• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  子育てほっとスペース

子育てほっとスペース 【子育てほっとスペース】 2019-02-20 10:00 UP!

「ゆきがふったら」

「ゆき」

「ゆきのひのゆうびんやさん」

 

高石では雪遊びができるほどの積雪はなかなかありませんが絵本の中では、いろいろ体験できますよ。

 

雪の絵本から

「ゆき」  きくちちき 作 ほるぷ出版

ふわふわのわたがしのような雪がふりはじめ、静かに降り続く様子が大胆なタッチで描かれています。

 

「ゆきがふったら」レベッカ・ボンド作

さくまゆみこ訳 偕成社

朝起きたらいちめんの雪!子ども達は暖かい服を着たら、外に飛び出し雪遊び。のびのびと楽しく みんなで遊ぶ様子は見ていて楽しくなります。

 

「ゆきのひのゆうびんやさん」 こいでたん文

こうでやすこ絵 福音館

雪の中やってきたうさぎのゆうびんやさんは、かぜをひいてふらふら!  3びきのねずみはゆうびんやさんのかわりに森の動物たちに荷物を届けてあげます。ほっこり暖かな気持ちになれるお話です。

 

他には、

「きらきら」 谷川俊太郎 文 吉田六郎 写真 アリス館

「ゆき」 ユリ・シュルビッツ サク さくまゆみこ 訳 あすなろ書房

 

 

「くだもの」

「しろくまちゃんのホットケーキ」

「おいしーい」

おいしい絵本

まだ暑い日もありますが、立秋はとうに過ぎ季節を分ける秋分の日ももうすぐです。というわけで"食欲の秋"おいしい本を紹介します。

「くだもの」 平山和子 作 福音館

画面いっぱいの美味しそうなくだものと、「さあ どうぞ!」の言葉に子ども達は手をだして欲しがることでしょう。ママといっしょに「もぐもぐ!おいしいね!」とやりとりしながら楽しめます。

 

「しろくまちゃんのホットケーキ」 わかやまけん 作 こぐま社

しろくまちゃんが、おかあさんといっしょにほっとケーキを焼いて食べるという単純なおはなしです。何といっても、焼くシーンの擬音 ぽたあん、どろどろ、ぴちぴちぴち・・・というページにくぎ付けになることでしょう。おやつはホットケーキで決まりですね。

 

「おいしーい」 いしづちひろ 作 くまざわゆうこ 絵 くもん出版

離乳食が始まったらおすすめ。ころころおにぎりや、ほくほくかぼちゃをたべておいしーいとにっこりするあかちゃんの絵を見ると和みます。

くりかえしなので、子どもも喜びます。

 

 

その他にも「コロッケできました」 彦坂有紀 もりといずみ作 講談社

「ごはん」平野恵理子 作 福音館 「きょうのごはん」加藤休ミ作 偕成社

等たくさんおいしい絵本があります。図書館でさがしてみて下さい。

 

 

「はなびドーン」

「なつのいちにち」

「うしろにいるのだあれ」

 

夏の絵本から、おすすめを紹介します。絵本は教育やしつけのツールではなく、親子で楽しむコミュニケーションのツールととらえて、まず親が楽しんで下さい。

 

「はなびドーン」カズコG・ストーン作...童心社...

シューッとのぼって、パッ、ドーンとひらくきれいな花火。美しい花火と、擬音のリズムを楽しめる絵本です。

「なつのいちにち」はたこうしろう作...偕成社...

蝉の鳴き声、潮騒、夕立・・・暑さだけでなく、夏の音やにおいが絵から伝わってきます。親の夏休みの思い出話につながって、親子の会話がはずむといいですね。

「うしろにいるのだあれ(うみのなかまたち)」ふくだとしお・あきこ作

イルカさんのうしろにいるのだあれ?・・ではじまり、海のなかまたちが次々と登場!こども達が大好きな繰り返しとあてっこ。親子で楽しんで下さい。

 

ほっとスペース8月は夏休みです。

再開は、92日大きくなったお友達との再会を楽しみにしています!