• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  子育てほっとスペース

子育てほっとスペース 【子育てほっとスペース】 2021-02-20 10:00 UP!

「手と手をつないで」

「ディアガール」

「今日」

(ほっとスペース)活動終了のお知らせ

昨年の公民館に続き、図書館での活動も3月末で終了することになりました。長年関わって下さった方々、参加した方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

(おかあさんにエールを送る絵本)

 

「手と手をつないで」

マーク・スペアリング文 ブリッタ・テッケント・トタップ 絵 三原泉 訳 BL出版

(手と手をつなげば、ほーらあんしん)手をつなぐといういちばん簡単なスキンシップは子どもだけでなく、親にも勇気を与えてくれますね。

 

「ディアガール」

エイミー・クラウス・ローゼンタール、 パリス・ローゼンタール 文 ホリー・ハタム 絵

高橋久美子 訳 主婦の友社

心に赤信号がついたら、イヤ!と言いなさい。周りを気にせずあなたの色を塗ろう。など女の子たちに届ける応援メッセージの本ですが、読むと元気をもらえます。

 

「今日」

伊藤比呂美 訳 下田昌克 画  福音館書店

ニュージーランドの子育て支援施設に張り出されていた詠み人知らずの詩を詩人の伊藤さんが訳したものです。子育ての日々疲れた時にはこの詩を思い出して下さい。

 

 

子育てほっとスペース 【子育てほっとスペース】 2020-03-20 10:00 UP!

「はるまちくまさん」

「おなべおなべにえたかな」

「じゅんびはいいかい」

公民館子育てほっとスペース 閉館のお知らせ

中央公民館でのほっとスペースは、313日をもちまして終了しました。

1999年 高師浜公民館での活動開始から20

代々のスタッフ、盛り立ててくださった公民館・子育て支援課の方々

そして何より参加して下さった皆さんのお陰で続けることができました。

ありがとうございました。

4月からは、第3金曜日図書館でのほっとスペースでお会いしましょう!

詳しい情報はブログをご覧ください

ほっとスペース ブログhttp://blog.livedoor.jp/hothotyukiko/

 

春の絵本

はるまちくまさん) ケビンヘンクス 作 石井睦美 訳 BL出版

ほらあなで冬眠しているくまさん 寝ている間にたくさんの夢を見ます。

ようやく目が覚めると・・・。色使いがきれいな絵を楽しめます。

 

(おなべおなべにえたかな) こいでやすこ 作  福音館

おおばあちゃんの家にお使いに行ったきつねのきっこ

おおばあちゃんはス-プを作っているところでした。急用ができたおおばあちゃんの代わりになべの番をすることになったきっこは・・・。

 

(じゅんびはいいかい) 荒井良二 作  学研教育出版

じゅんびはいいかい?いいよう!いいですよ!

という繰り返しの言葉と明るい色調の絵が荒井さんらしい絵本です。

幸せな気分になります。

子育てほっとスペース 【子育てほっとスペース】 2019-02-20 10:00 UP!

「ゆきがふったら」

「ゆき」

「ゆきのひのゆうびんやさん」

 

高石では雪遊びができるほどの積雪はなかなかありませんが絵本の中では、いろいろ体験できますよ。

 

雪の絵本から

「ゆき」  きくちちき 作 ほるぷ出版

ふわふわのわたがしのような雪がふりはじめ、静かに降り続く様子が大胆なタッチで描かれています。

 

「ゆきがふったら」レベッカ・ボンド作

さくまゆみこ訳 偕成社

朝起きたらいちめんの雪!子ども達は暖かい服を着たら、外に飛び出し雪遊び。のびのびと楽しく みんなで遊ぶ様子は見ていて楽しくなります。

 

「ゆきのひのゆうびんやさん」 こいでたん文

こうでやすこ絵 福音館

雪の中やってきたうさぎのゆうびんやさんは、かぜをひいてふらふら!  3びきのねずみはゆうびんやさんのかわりに森の動物たちに荷物を届けてあげます。ほっこり暖かな気持ちになれるお話です。

 

他には、

「きらきら」 谷川俊太郎 文 吉田六郎 写真 アリス館

「ゆき」 ユリ・シュルビッツ サク さくまゆみこ 訳 あすなろ書房