感触あそび 【フリースペースかもめ】 2012-05-18 10:00 UP!

小麦粉粘土

白玉粉

寒天と ところてん

砂あそび・粘土あそび・水あそび等は一般的な感触あそびですが、小さいお子さんでもあそべる、又口に入っても安全な材料を使った感触あそびを紹介します。

摘む、握る、なでる、丸めるなど、手にいろんな刺激を与えることができる感触あそびは、保育やフリースペース(かもめ)でもしています。

最初は感触が気持ち悪くて手を出さないお子さんもおられますが、お母さんが楽しんでいる姿を見せることから始めても好いと思います。参考にして頂けたら幸いです。

 

★小麦粉粘土

 食紅で色を付け、片抜きをしたり、丸めたり、のばしたり、いろんな形を作りあそびます。

 

★白玉粉

 いろんな色をつけた白玉だんごを作ります。手のひらでつぶしてみたり握ってみたり、ちぎったりしますが、手にくっつくので嫌がる子もいますが、水の中に入れて浮かばせ、手ですくったりして遊ぶこともできます。

 

★寒天と ところてん

 寒天に食紅を入れると、とてもきれいで子どもたちも喜びます。表面をなでてみたり、指を押し込んでみたり、最後には手でにぎりつぶし、いろんな色の寒天を混ぜて楽しんでいます。ところてんは大きい形でさわったり見たり、押し出し器に入れ押すと下から細く出てくるのを楽しんだり、細いところてんを掴むとまた感触のちがいがおもしろいですよ。寒天とよく似ていますが、手に感じる感触はちがいます。夏にはよく冷やして遊ぶととても喜んでしています。

 

★片栗粉

 粉のままさわります。その感触を楽しんだ後に水を入れます。少しずつ入れて粉の感触のちがいを楽しみ、最後に容器いっぱいの水を入れると粉は下に沈みます。それをすくうと手のひらからスーッと逃げていくのを何回も繰り返し楽しみます。

 

★パン粉

 ざらざらした感触から、水をいれてやわらかくした感触を楽しみます。

 

★氷

 夏には、氷の固まりをさわるのを楽しみにしています。また、かき氷器で細かくするともっと喜びます。

 

その他にも豆腐、こんにゃく、大豆、お米等や、お花紙を水につけてかき混ぜたり、握る・しぼることもできます。

足の感触あそびもありますので、フリースペース(かもめ)にこられた時に聞いて下さい。

一覧へ